Index

第3回 1995年6月24〜25日 群馬県高崎市

一般演題 83題
参加者 1000名

記念講演I 「本音で語ろう在宅ケア」

矢島嶺医師 武石村診療所
司会 黒岩卓夫医師

記念講演II 「ひと、生きそして死ぬもの」

無着成恭
司会 中島英雄医師 中央群馬脳神経外科病院

シンポジウムI 「どこまでできるか病院ターミナルケア」(医療者からの提案)

シンポジスト
本家好文医師 広島総合病院
加藤佳子医師 山形大学医学部
蘆野吉和医師 福島労災病院
コーデイネイター
斉藤龍生医師 国療西群馬病院
アシスタント
小笠原一夫医師 群馬ホスピス研究会

シンポジウムII 「市民が支え合うターミナルケア」(市民からの提案)

シンポジスト
河田珪子 新潟県まごころヘルプ
長谷方人 東京都桜町病院聖ヨハネホスピスコーデイネーター
得地慶子 栃木県たんぽぽの会
コーデイネーター
黒田裕子 ボランテイアナース
アシスタント
土屋徳昭 群馬ホスピスケア研究会

特別報告 「神戸から…そのとき福祉関係者、医療者、ジャーナリストは何ができたか」

報告者
中辻直行 高齢者ケアセンターながた施設長
梁 勝則 医師
秦洋一  朝日新聞社編集委員

(C) Japan Society of Disaster Nursing