Index

研修用教材

ホスピス・ボランティア研修マニュアル

 このホスピス・ボランティア研修マニュアルは、1996年に西宮市の(財)国際交流協会が翻訳・発行した『スポーケン・ホスピス・ボランティア・マニュアル』を基にしています。それは、1995年の阪神淡路大震災で多くの支援を受けたお返しにと、西宮市のボランティアが姉妹都市のアメリカはワシントン州のスポーケン市のホスピス・ボランティア・マニュアルを翻訳し、各地のホスピスや市民団体に贈ったものです。

 当時、ボランティア元年と言われました。それは、日本のホスピスについても同様で、ホスピス・ボランティアに対する研修の必要性が浮かび上がります。この研修マニュアルは、元はアメリカのホスピス・ボランティア用とはいえ、一般の医療や在宅療養全般に適合できるように、現状に合わせて大きく変更しています。引用については特に指定のない箇所は、『スポーケン・ホスピス・ボランティア・マニュアル』に拠っています。

 質の高いホスピス緩和ケアには、ホスピス・ボランティアの貢献が欠かせません。このマニュアルがその目的に資するものと信じます。そのため、多くの方々に利用していただきたいと思い、日本ホスピス・在宅ケア研究会のホームページに公開します。利用制限はしませんが、使用に当たっては、日本ホスピス・在宅ケア研究会が出所であることを明記していただきたいこと、そして使用の感想などをお送りいただければ幸いであることを付記します。

看取りと文化

看取りと文化(PPT:3,262kB)

●地域で看取るため必要なこと

地域における看取りのセミナーテキスト

地域における看取りのセミナーテキスト(PPTX:4,260kB)


※公開している資料は著作権で保護されています。




(C) Japan Society of Disaster Nursing