Index

教育事業:緩和ケアセミナー等

2008年度第1回教育セミナー

2008年11月1〜2日

在宅ホスピスケアにおける症状緩和治療の実際I 疼痛管理
在宅ホスピスケアにおける症状緩和治療の実際II 消化器症状/呼吸器症状/精神症状
青森県十和田市立中央病院院長 蘆野 吉和
在宅ホスピスケアにおける倫理的問題
在宅ホスピスケアに必要なコミュニケーションスキル
山口大学医療環境学部教授 谷田 憲俊
地域緩和ケア支援ネットワークについて
臨終期の指導/死亡診断書の書き方
医療法人にのさかクリニック理事長 二ノ坂 保喜
地域緩和ケア支援ネットワークにおける各職種の役割
在宅療養支援診療所の役割
だいとう循環器クリニック 院長 大頭 信義
 
訪問看護ステーションの役割
訪問看護ステーションあさんて 管理者 松本 京子
ケアマネージャーの役割
訪問看護ステーションわたぼうし 居宅介護事業所管理者 加藤 長年
保険薬局の役割
ぼうしや薬局 安積 容子

2008年度第2回教育セミナー

2009年2月14〜15日

在宅ホスピスケアにおける倫理的問題
在宅ホスピスケアに必要なコミュニケーションスキル(理論と実践)
山口大学医療環境学部教授 谷田 憲俊
在宅ホスピスケアに必要なコミュニケーションスキル(理論と実践)
在宅ホスピスケアにおける訪問看護ステーションの役割
広島YMCA訪問看護ステーションピース 石口 房子
在宅ホスピスケアにおける症状緩和治療の実際
I.疼痛管理 II. 消化器症状/呼吸器症状/精神症状
青森県十和田市立中央病院院長 蘆野 吉和
地域緩和ケア支援ネットワークの有効性について
臨終期の指導・死亡診断書の書き方
医療法人 矢津内科消化器科クリニック 院長 矢津 剛

市民公開講座

2009年10月18日

↑クリックするとPDFファイルが開きます

2009年度第1回教育セミナー

2010年2月14〜15日

在宅ホスピスとは
地域緩和ケア支援ネットワークの有効性について
臨終期の指導・死亡診断書の書き方
医療法人にのさかクリニック理事長 ニノ坂 保喜
在宅ホスピスケアにおける倫理的問題
在宅ホスピスケアに必要なコミュニケーションスキル
山口大学医療環境学部教授 谷田 憲俊
在宅ホスピスケアにおける訪問看護ステーションの役割
広島YMCA訪問看護ステーションピース 石口 房子
在宅ホスピスケアにおける症状緩和治療の実際
①疼痛管理
② 消化器症状/呼吸器症状/精神症状
青森県十和田市立中央病院院長 蘆野 吉和
災害看護と在宅ケア
阪神高齢者・障害者支援ネットワーク理事長 黒田 裕子

2010年第1回日本ホスピス・在宅ケア研究会 教育セミナー

2010年7月9日

場所
とりぎん文化会館 第5,6会議室
講師
大下 大圓(飛騨千光寺・京都大学こころの未来研究センター)
テーマ
「縁生によるスピリチュアルケア・ワークショップ」

2011年度スピリチュアルケアセミナー

日時 2011年7月15日(金) 10:00〜16:00
場所 那覇市ぶんかテンブスホール
プログラム

【講演】
コミュニケーションで展開するスピリチュアルケア
谷田 憲俊(山口大学大学院医学系研究科医療環境学 教授 医師)
スピリチャリティ〜沖縄の死生観〜
栗山 登至(琉球大学医学部附属病院がんセンター心のケア 医師)
【ワークショップ】
自利利他とスピリチュアルケア
大下 大圓(飛騨千光寺住職 元高野山大学客員教授 京都大学大学院医学研究科講師)

2011年度市民公開講座

住み慣れた我が家で人生を全う出来る地域をめざして(兵庫県立淡路病院共催)
日時 2011年11 月19 日(土) 13:30〜17:00
場所 兵庫県立淡路夢舞台会議場 イベントホール

プログラム

↑クリックするとPDFファイルが開きます

2011年ピアサポーター養成講座

(全6回)兵庫県委託事業

↑クリックするとPDFファイルが開きます

2012(平成24)年度第1回教育セミナー

2012年7月7日(土)
「災害と在宅ケアリング」 講師 黒田裕子
「在宅医療を語る」 講師 二ノ坂保喜
パネルディスカッション
「介護保険改訂により在宅医療はどう変化するか」
   ●パネラー
     二ノ坂保喜(にのさかクリニック 院長 医師)
     船越政江(訪問看護ステーションわたぼうし 認定看護師)
     田中洋三(ヘルパーステーションだいとう所長 介護支援専門員)
   ●コーディネーター
     蘆野吉和(十和田市立中央病院 事業管理者 医師)

2012(平成24)年度第2回教育セミナー

2012年9月7日(金)
テーマ『終末期ケアを考える』
内容
『患者ケア及び家族ケアにについて』
   ●講師 
     蘆野 吉和(十和田市立中央病院 事業管理者 医師)
     石口 房子(広島・ホスピスケアをすすめる会 代表 看護師)
『グリーフケアについて』
   ●講師
     谷田 憲俊(北斗病院在宅緩和医療センター長 医師)
グループワーク
   ●コーディネーター 
     黒田 裕子(阪神高齢者・障害者支援ネットワーク 理事長 看護師)

2013(平成25)年度第1回教育セミナー

2013年7月5日(金)
テーマ「地域での看取りをすすめる」
基調講演 何故地域で看取りが必要なのか
   蘆野 吉和(青森県立中央病院 医療管理監 緩和医療科部長)
話題提供
   加藤 周子(聖フランシスコ病院 ホスピス科 部長)
   池原 香(特別養護老人ホーム のぞみの杜 施設長)
   松島 由美(訪問看護ステーション鳴見 所長)
これからの地域包括ケアについて
   石口 房子(広島県地域包括ケア推進センター 看護師・主幹)

2013(平成25)年度第2回教育セミナー

2014年3月22日(土)
テーマ 地域包括ケアにおけるケアマネジャーの役割〜多職種からの提言〜
  第1部
 国における地域包括ケアシステムの方向性について
   蘆野吉和 (青森県立中央病院 医療管理監 緩和医療科部長)
 ケアマネージャーの現状と課題
   鷲見よしみ(日本介護支援専門員協会 会長)
  第2部 シンポジウム  「これからの地域包括ケアについて」 
 パネリスト
  保健師の立場より
   石口房子(広島県地域包括推進センター 保健師・主幹)
  訪問看護師の立場より
   船越政江(訪問看護ステーションわたぼうし 看護師・管理者)
遺族の立場より
   指定発言 鷲見よしみ
  座長 蘆野吉和 黒田裕子

2014(平成26)年度第1回教育セミナー

2015年3月7日(土)
テーマ 『地域における看取りのための研修会』
場 所 兵庫県民会館 902号室
内 容
 第1部 話題提供
 「地域で看取るために必要なこと」蘆野吉和(北斗病院在宅緩和療養センター長・医師)
 「地域での看取りの実際」石口房子(広島県地域包括推進センター主幹・看護師)
 「看取りと文化」長谷方人(ケアタウン小平・開設者)
 第2部 グループワーク
  事例1(認知症の終末像)
  事例2(がんの終末像)

2015(平成27)年度第1回教育セミナー

2015年7月26日(日)
テーマ 『地域包括ケアと地域での看取り』
場 所 大阪コロナホテル 200A会議室
内 容
 第1部 話題提供
 「『地域緩和ケア』の視点から」蘆野吉和(北斗病院在宅緩和療養センター長・医師)
 「地域ケア会議の役割」石口房子(広島県地域包括推進センター主幹・保健師)
 「ACP・後見人制度の現状と課題」谷田憲俊(加古川市西村医院副院長・医師)

第2部        
 ワークショップと発表

2015(平成27)年度第2回教育セミナー

2015年11月14日(土)
テーマ 『地域における看取りのための研修会』
場 所 カンファレンスasc(福岡) 4階会議室
内 容
 第1部 話題提供
 「看取りに際し必要な知識」蘆野吉和(北斗病院在宅緩和療養センター長・医師)
 「看取りの実際」石口房子(広島県地域包括推進センター主幹・保健師)
 「看取りと文化」谷田憲俊(加古川市西村医院副院長・医師)

第2部        
 ワークショップと発表

2015(平成27)年度第3回教育セミナー

2016年2月27日(土)
テーマ 『地域における看取りのための研修会』
場 所 TKP横浜ビジネスセンター
内 容
 第1部 話題提供
 「看取りに際し必要な知識」
  渡辺邦彦(一般社団法人とちぎメディカルセンター在宅ホスピスとちの木・医師)
 「看取りの実際」野島あけみ(在宅療養支援楓の風グループ副代表・保健師))
 「看取りと文化」谷田憲俊(加古川市西村医院副院長・医師)

 第2部 ワークショップと発表 総合討論
 石口房子(広島県地域包括ケア推進センター主幹・保健師
    YMCA訪問看護ステーション・ピース 訪問看護師)

2016(平成28)年度第1回教育セミナー

2016年7月23日(土)
テーマ 『地域における看取りのための研修会』
場 所 大阪コロナホテル 310号室
内 容
 第1部 話題提供
 「看取りに際し必要な知識」蘆野吉和(北斗病院在宅緩和療養センター長・医師)
 「看取りの実際」石口房子(広島県地域包括ケア推進センター主幹・保健師
     YMCA訪問看護ステーション・ピース 訪問看護師)
 「看取りと文化」谷田憲俊(加古川市西村医院副院長・医師)

 第2部 ワークショップと発表 総合討論


(C) Japan Society of Disaster Nursing