Index

全国大会

 日本ホスピス・在宅ケア研究会では、終末期やがんの緩和ケアの在り方を考える全国大会を、年1回開催しています。

 2016年度は久留米での開催を予定しています。

第24回日本ホスピス・在宅ケア研究会 全国大会in久留米

テーマ:「いのちを受けとめる町づくり」〜日本のホスピスが忘れてきたもの〜

開催年月日:2017年2月4日・5日
会場:久留米シティプラザ
大会長:二ノ坂保喜(にのさかクリニック理事長)

ダウンロード:大会フライヤー(PDF:684kb)


ごあいさつ 大会長:二ノ坂 保喜

 第24回目の日本ホスピス・在宅ケア研究会全国大会は、2017年2月4日(土)5日(日)の2日間、九州は福岡県久留米市で開催することになりました。15年前の2002年福岡市で全国大会を開催したとき、在宅ケア、在宅ホスピスの普及はまだまだでした。2000年の介護保険、2006年の在宅療養支援診療所制度の創設、そして今、地域包括ケアシステムへと国をあげて邁進しています。
 1992年にスタートした「日本ホスピス・在宅ケア研究会」は、文字通り『地域での包括的なケアのあり方を追求し、在宅で療養する人たちを支援するシステム作りをめざす』という歩みでした。本研究会は、“がんや在宅ケアなど今日的な医療や福祉の問題について専門家と市民が同じ高さの目線で考え・・・痛みや不快な症状の除かれたやすらかな「ホスピスケア」や十分にサポートされた豊かな「在宅ケア」”(設立趣意書より)を願うものです。

 今回のテーマは、「いのちを受けとめる町づくり」サブテーマは「日本のホスピスが忘れてきたもの」としました。阪神淡路大震災、東日本大震災などを通して、死を見つめようとしなかったわが国のあり方が問い直されてきました。また高齢者の増加に伴う多くの課題も浮かび上がってきています。これらの負担をどのように分担するか、どのようなシステムでまかなうのか、といった視点だけでなく、生まれたときから死ぬときまで、“いのちを受けとめる”という観点から地域コミュニティ(町づくり)を考えていきたいというのが本大会の柱です。
 1980年代に始まったわが国のホスピス運動が緩和ケア病棟(施設)に偏り、在宅を軽視してきたことは否めません。またがん患者のみを偏重するホスピス運動は、パブリックヘルスの一環としてホスピス運動を捉えて発展してきた世界のホスピス運動からは次第にかけ離れてきました。そこで本大会では、インドでコミュニティ緩和ケアを構築し、パブリックヘルスの視点から地域緩和ケアを推進しているインドのスレッシュ・クマール医師をお招きしました。途上国のコミュニティ緩和ケア、住民参加の緩和ケアから我々が何を学ぶのか、大切な課題です。
 また本大会では、久留米を始め地元の方々を講師やシンポジスト、ファシリテーターとして多くお招きしています。すでに全国各地、それぞれの地域でリーダーが生まれてきているように、本大会を契機に久留米市、福岡県全体、さらに九州各地での在宅ケア、ホスピス運動がレベルアップしていくことを強く願っているからです。
 みなさん、どうぞ全国各地から福岡県久留米市にお集まりいただき、これからの日本の在宅ケア、ホスピス運動について、一緒に考え、語り合ってみませんか。


(C) Japan Society of Disaster Nursing