Index
  
投稿者 : jimukyoku 投稿日時: 2011-06-27 13:35:54 (1451 ヒット)

震災直後より、宮城県気仙沼市面瀬中学校にて支援活動を行ってきましたが、7月以降も継続いたします。仮設住宅への入居も始まっておりますが、まだまだ支援が必要な状況です。現地で活動可能な方がおられましたら事務局までご連絡ください。
期間:2011年7月1日〜2012年3月末日(期間については現地の状況により変更も考えられます)
活動内容:避難所ケア・在宅ケア・仮設住宅支援
補足:1週間の派遣(期間については要相談)
資格:医師・看護師・ヘルパー等、ボランティアについてもご相談に応じます。ご連絡ください。


投稿者 : jimukyoku 投稿日時: 2011-05-13 16:15:41 (4128 ヒット)

日本ホスピス・在宅ケア研究会2011年
スピリチュアルケアセミナーのご案内

 患者・家族が肩をはらずに自由に話せるためには、患者のスピリチュアルペインを知り、そのニーズを満たすために「何をすればよいのか」「何が出来るのか」を考えることが多々あります。この度の研修を通して患者様の傍らに共にいられる自分になるために考え・学び、深めることが出来たらと願っています。
 皆様のご参加をお待ちしています。

第19回日本ホスピス・在宅ケア研究会全国大会IN沖縄の前日に行われます。
ふるってご参加くださいますよう、よろしくお願いします。
日時  平成23年7月15日(金) 10:00〜16:00
場所  那覇市ぶんかテンブスホール
   (住所:沖縄県那覇市牧志3-2-10  ?:098-868-7810 )
対象  どなたでもご参加ください
プログラム
 【講演】
栗山 登至 (琉球大学医学部附属病院がんセンター心のケア 医師)
谷田 憲俊 (山口大学大学院医学系研究科医療環境学 教授 医師)
【ワークショップ】
大下 大圓(飛騨千光寺住職 元高野山大学客員教授 京都大学大学院医学研究科講師)
参加費  ¥3000 (定員100名)
申込み方法 事務局へファックスもしくはメールで下記事項をご記入の上、お申込ください。
スピリチュアル・ケアセミナーは心のケアをめざす方の為の研修です。
あなた自身のQOL=“生きる質”をみつめ、ゆったりとこころを高める場です。

チラシ:ダウンロード(Word形式)

日本ホスピス・在宅ケア研究会事務局  担当 梅垣、黒田
神戸市西区前開南町1-2-1 阪神高齢者・障害者支援ネットワーク内
TEL:050−5532−8813 FAX:078−977−0224


投稿者 : jimukyoku 投稿日時: 2011-04-14 14:27:05 (3716 ヒット)

東日本大震災において中長期の支援活動に入っている中、添付のような資料をまとめました。現地に入ってくる黒田がまとめたものと後方支援として資料を作成いただいた会員からの資料です。

被災者支援とコミュニケーション

様々な悲嘆を抱えている被災者を支援するにあたって、コミュニケーションを取るときに大切にしていることをまとめてあります。

作成:日本ホスピス・在宅ケア研究会 副理事長 黒田 裕子(東日本大震災 中長期支援活動責任者 看護部会)

被災者支援とコミュニケーション.doc(Word:24kB)

被災地の外部から被災者を支援する皆様へ

 被災者の方、そして支援者の方のこころの安全を守るための配慮として、「しないほうが良いこと」「気をつけてほしいこと」をまとめてあります。

作成:Japan Tsunami Grief Support Project (JTGSプロジェクト)
瀬藤乃理子(甲南女子大学)、米虫圭子(京都産業大学)、黒川雅代子(龍谷大学短期大学部)、井上ウィマラ(高野山大学)

支援者用注意事項一覧(第1版).doc(PDF:272kB)


投稿者 : jimukyoku 投稿日時: 2011-04-12 09:39:46 (3559 ヒット)

お待たせしておりました、第19回全国大会in沖縄の参加申し込み受付開始しました。ホームページ第19回(2011年)大会よりお申込ください。今回の申込は参加費の振込が後となっておりますので、申込書記入後速やかにお送りください。追って請求書をお送りします。


投稿者 : jimukyoku 投稿日時: 2011-03-22 11:49:29 (1797 ヒット)

3月12日より、黒田副理事長が、現地へと支援に入っておりました。詳しいご報告はニューズレター等でさせていただきますが、人工肛門を装着されておられる方が、パウチがなく交換も出来ずに大変困っております。研究会(NPO法人阪神高齢者・障害者支援ネットワークと協働)で物資の受付をいたします。ご支援の程、よろしくお願い致します。
【受付物資】
 人工肛門患者用用品として、ストーマケア用品・ゴム手袋・清浄綿等
 (種類は様々あると思いますが、とりあえずお送りください)
【送り先】
〒651-2109 兵庫県神戸市西区前開南町1-2-1 阪神高齢者・障害者支援ネットワーク内
☎050-5532-8813 fax078-977-0224
E-mail:kobe@hospice.jp
※今回は上記物資のみの受付となります。くれぐれも他のものは、ご遠慮ください。


« 1 ... 10 11 12 (13) 14 15 16 »
(C) Japan Society of Disaster Nursing