Index
  
投稿者 : jimukyoku 投稿日時: 2011-04-12 09:39:46 (3559 ヒット)

お待たせしておりました、第19回全国大会in沖縄の参加申し込み受付開始しました。ホームページ第19回(2011年)大会よりお申込ください。今回の申込は参加費の振込が後となっておりますので、申込書記入後速やかにお送りください。追って請求書をお送りします。


投稿者 : jimukyoku 投稿日時: 2011-03-22 11:49:29 (1797 ヒット)

3月12日より、黒田副理事長が、現地へと支援に入っておりました。詳しいご報告はニューズレター等でさせていただきますが、人工肛門を装着されておられる方が、パウチがなく交換も出来ずに大変困っております。研究会(NPO法人阪神高齢者・障害者支援ネットワークと協働)で物資の受付をいたします。ご支援の程、よろしくお願い致します。
【受付物資】
 人工肛門患者用用品として、ストーマケア用品・ゴム手袋・清浄綿等
 (種類は様々あると思いますが、とりあえずお送りください)
【送り先】
〒651-2109 兵庫県神戸市西区前開南町1-2-1 阪神高齢者・障害者支援ネットワーク内
☎050-5532-8813 fax078-977-0224
E-mail:kobe@hospice.jp
※今回は上記物資のみの受付となります。くれぐれも他のものは、ご遠慮ください。


投稿者 : jimukyoku 投稿日時: 2011-03-15 10:49:37 (1377 ヒット)

このたびの東北地方太平洋沖地震の発生を受け、3月19日(土)に予定しております2010年度第1回市民公開講座及び教育セミナーの開催について、
被災状況が極めて甚大で救助も難航を極めており、さらに今後しばらくは余震被害なども想定され、全体状況の把握が困難な段階であることを考慮いたしまして中止とさせていただくことにいたしました。
日程を空けて楽しみにしていただいておりました方々には、誠に申し訳ございません。
※お知り合い等に参加予定をされている方がおられましたら、上記の内容の通り開催中止となった旨、お伝えください。よろしくお願い申し上げます。

2011年3月15日                
特定非営利活動法人 日本ホスピス・在宅ケア研究会
理事長 大頭 信義


投稿者 : jimukyoku 投稿日時: 2011-01-06 14:36:43 (2696 ヒット)

日本ホスピス・在宅ケア研究会
2010年度第2回教育セミナー


 在宅医療が進化する中で地域から病院、病院から地域の連携がとれないままとなっています。
 病院と地域との連携を図り、患者・家族が安心して在宅で看取ることが出来るように、在宅ケアの専門職である医師・看護師を招き、実体験を通して、それぞれの役割を考えるきっかけとしませんか。
 皆様の参加をお待ちしています。

【日時】平成23(2011)年
 3月19日(土)13:30〜20日(日)17:00まで
 宿泊研修(1泊2日)

【会場】南淡路ロイヤルホテル
   (兵庫県南あわじ市福良丙317 TEL:0799-52-3011)  

 1日目の午後は、南あわじ市緑公民館で開催される市民公開講座に参加していただきます。終了後、宿泊地へ移動となります。直接公民館会場にお越しください(13:00受付開始)。

【内容】 
 市民公開講座「住み慣れたわが家で人生を全う出来る地域をめざして」を受けて地域での在宅医療のしくみ、多職種によるネットワークづくりについて考える機会にしましょう。

 在宅医療の現状と今後の展望 大頭 信義(だいとうクリニック)
 訪問看護師におけるスピリチュアルケアについて 石口 房子(YMCA訪問看護ステーション)
 在宅におけるペインコントロールについて 長尾 和宏(長尾クリニック)
 実践現場におけるスピリチュアルケアについて 谷田 憲俊(山口大学) 等

【参加費】
 日本ホスピス・在宅ケア研究会会員¥20,000 非会員¥22,000
(1泊3食受講料込み)

【対象】
 医師、看護師、ケアマネージャー、介護福祉士、ヘルパー、医療福祉関係者

【申込方法】 申込用紙にて、研究会事務局へファックスもしくは
メール(kobe@hospice.jp)にて申込ください。

【申込締切日】
定員 50名 
定員になり次第締め切ります(最終締切:2月28日(月))

※夜は、日常の中で困っていることをお互いがざっくばらんに話せる場を提供し、問題解決のきっかけとなる交流会も企画しています。是非ご参加下さい。

【お問い合わせ】
日本ホスピス・在宅ケア研究会事務局 担当:梅垣、黒田
 神戸市西区前開南町1-2-1 阪神高齢者・障害者支援ネットワーク内
 TEL:050−5532−8813 FAX:078−977−0224

チラシ・参加申込書ダウンロード(word:510KB)


投稿者 : jimukyoku 投稿日時: 2011-01-06 14:11:34 (2728 ヒット)

2010年度第1回 日本ホスピス・在宅ケア研究会市民公開講座

住み慣れた我が家で人生を全う出来る地域をめざして

 あなたが安心して在宅で最期を迎えるには、どんな準備をすればいいでしょうか? 共に考える市民公開講座を設けました。
 安心して家で暮らし続けたい方、在宅ケアで悩んでいるご家族、またケアを提供されている方など、すべての方のご参加をお待ちしております。

日時:平成23(2011)年3月19日(土) 13:30〜16:30
会場:あわじ市 緑公民館 ホール
(南あわじ市広田広田1057-1 TEL:0799-44-3008 南)
参加費:無料(事前申込不要)
定員:200名

プログラム:
第1部 基調講演
「私たちは死にゆく人たちから何を学んだか」
 徳永 進(鳥取県 野の花診療所院長 医師)

第2部シンポジウム
 「住み慣れた我が家で人生を全う出来る地域をめざして」
パネリスト
  大鐘 稔彦 (阿那賀診療所所長 医師)
  石口 房子 (広島YMCA訪問看護ステーションピース所長 看護師)
  中川 まゆみ(社福淡路福祉会第2やすらぎ事業所管理者 ケアマネージャー)
  看取り経験ご家族

問い合わせ:
 研究会事務局 梅垣まで
 TEL:050−5532−8813
 FAX:078−977−0224

チラシのダウンロード(ppt:772KB)


« 1 ... 11 12 13 (14) 15 16 »
(C) Japan Society of Disaster Nursing