Index
  
投稿者 : jimukyoku 投稿日時: 2012-03-29 14:50:37 (1679 ヒット)

研究会では2012年4月以降も宮城県気仙沼市面瀬中学校仮設住宅集会所を拠点に支援活動を継続いたします。医療福祉関係者を随時派遣いたします。1週間以上活動出来る方につきましては交通費を支給いたします。1週間に満たない方も受入可能ですので、お気軽に事務局までお問い合わせください。?050-5532-8813(つながりにくい場合は078-976-5050)もしくはメールkobe@hospice.jp担当梅垣まで。
 活動支援金も募っています。みなさまからの暖かいご支援よろしくお願いします。
郵便振替口座 01160-9-32272
 名義人 日本ホスピス在宅ケア研究会
 ※通信欄に「東日本大震災活動支援金」とお書き添えください。


投稿者 : jimukyoku 投稿日時: 2012-01-31 13:52:12 (1647 ヒット)

2011年度活動協賛金制度申請(後期)2月1日〜2月29日まで受け付けいたします。(今年度は震災のため、申請時期を変更しております)

【ダウンロード】
活動協賛金制度案内(Word:34KB)
活動協賛金申請書(Word:40KB)


投稿者 : jimukyoku 投稿日時: 2011-12-06 10:00:31 (1930 ヒット)

先日大阪で行われました実践シンポおよび淡路で行われました市民公開講座の模様をインターネットで公開しています。ご覧下さい。
http://www.ustream.tv/channel/nichihos-tv


投稿者 : jimukyoku 投稿日時: 2011-11-24 14:09:56 (2498 ヒット)

平成23年度ピアサポーター養成研修(兵庫県委託事業)
NPO法人 日本ホスピス・在宅ケア研究会
がん患者さんへのピアサポーター養成講座


 2人に1人ががんになると言われています。医療も益々進歩し、治療の選択肢も多種多様となっています。緩和ケアについて理解を深めるために、同じ疾患を抱えるピア(peer)の立場から、病を持った経験に根ざした理解と共感をもとに、がん患者さんが「自分の人生(そして治療)を自分なりに生きていく(選択していく)こと」(=自立生活)を支援するピアサポーターの養成が相談支援体制の充実を図る上で急務となっています。
 そこで下記チラシの通り養成講座を開催いたします。

がん患者さんへのピアサポーター養成講座チラシ (参加申込書含む)(Powerpoint:1.44MB)


投稿者 : jimukyoku 投稿日時: 2011-10-28 12:15:00 (1545 ヒット)

 研究会では避難所閉鎖後も、仮設住宅集会所を拠点に被災地支援活動を継続しています。在宅及び仮設住宅に居住する人に対して、これまでの生活とは一変し、災害後の中長期に亘って、「人間」と「地域」と「くらし」に視点をおき、人間らしい尊厳をもって生活できるように援助します。具体的計画としては、医療福祉関係者を随時派遣し、
  (1) コミュニティー作り
  (2) 孤独死及び自殺の予防
  (3) とじこもり、うつ病などの予防をはかる
  (4) 安否確認を行いながら自立支援
  (5) まちづくり支援
を行っております。2年を目途に活動しています。その為に、活動支援金を募っています。みなさまからの暖かいご支援よろしくお願いします。

 郵便振替口座 01160-9-32272
 名義人 日本ホスピス在宅ケア研究会
 ※通信欄に「東日本大震災活動支援金」とお書き添えください。

 一般のボランティアの方の活動も受付しております。詳しくは事務局へお問い合わせください。

※参考:面瀬だより(docx:399KB)


« 1 ... 10 11 12 (13) 14 15 16 ... 18 »
(C) Japan Society of Disaster Nursing