Index
  
投稿者 : jimukyoku 投稿日時: 2015-11-30 16:10:37 (2122 ヒット)

 ホスピス・ボランティア養成のための研修教材用に、ホスピス・ボランティア研修マニュアルを公開しました。これは、前に公開していた『スポーケン・ホスピス・ボランティア・マニュアル』を改訂したものです。

 主な改訂点は、精神的ケアを心理情緒的ケア(ストレスへの対応)とたましいのケア(スピリチュアルケア)に分けたこと、悲嘆ケアを「意味の再構築説」に基づく最新の悲嘆ケアにしたことです。地域包括ケアにもボランティアの活躍が必須とされます。

 この研修マニュアルがホスピス・ボランティアから一般の医療・福祉ボランティア養成に役立つことを願います。


投稿者 : jimukyoku 投稿日時: 2015-11-04 11:06:38 (2753 ヒット)

第24回日本ホスピス・在宅ケア研究会全国大会in久留米 プレ大会in神戸
【第1回実行委員会参加のお願い】


拝啓 しのぎやすい季節となりましたが皆様におかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。

 お陰様で日本ホスピス・在宅ケア研究会も、1992年の発足以来順調に発展し、約1000名の会員を擁する会になりました。2000年6月1日にはNPO(特定非営利法人)として認可され、活動の幅を広げ大会も今年は23回横浜で開催されました。私たちの会が21世紀の超高齢化社会に「共生」の価値観を築くための一助となれば幸いです。

 さて来年度は諸事情により、通常時期よりもほぼ半年遅れの2017年2月4日5日に、久留米で24回目の全国大会が行われ全国大会までに1年半の空白が発生いたします。つきましては、久留米大会のプレ企画という位置づけで2016年9月25日(日)に丸1日のプレ大会開催を計画しております。また前日には兵庫県民会館で教育セミナーの予定もあり、観点を変えれば、合わせて1.5日と従来の全国大会にくらべで半日短縮されただけのボリュームになります。

 現時点ではコア企画として認知症治療のパイオニアである河野和彦氏(仮題「コウノメソッドで認知症の人も地域で暮らせる」)と長尾和宏理事(仮題「長尾和宏のいのちの授業」)の午前・午後実施(神戸国際会議場メインホール)がほぼ決定となっているだけで他の企画は未定です。「是非このような企画をやってみたい」等ありましたら、皆様の知恵と力をお借りいたしたく、実行委員会のご参加をお願い申し上げる次第です。 実行委員会の開催間隔は、数か月に一回-直近は毎月1回の予定です。皆様のご参加とご協力を心よりお願い申し上げます。

                     記

日時 12月13日(日) 18時30分-20時30分 
会場 兵庫県民会館 B101号室

内容
1、プレ大会概要説明 担当梁勝則
2、自己紹介
3、大会会長選出について     
4、プログラム、予算、広報、今後の進め方について                      
5、次回日程、その他
   懇親会:引き続き、近隣にて。

 案内ダウンロード(PDF:162KB)


投稿者 : jimukyoku 投稿日時: 2015-10-05 17:16:40 (1313 ヒット)

テーマ:地域における看取りのための研修会
■2015年11月14日(土)13:30-17:00
■会場:カンファレンスasc 4偕会議室
(博多駅東6番出入口から徒歩3分)

■参加費:会員1000円 非会員3000円 募集人数:80名

■対象:地域での看取りに関心のある医療職・介護職及び市民

■講師:
 蘆野吉和(北斗病院在宅緩和療養センター長・医師)
 石口房子(広島県地域包括ケア推進センター主幹・保健師、YMCA訪問看護ステーション・ピース訪問看護師)
 谷田憲俊(加古川市西村医院副院長・訪問診療)

第1部 13:30-15:00 話題提供(講演)
 1)看取りに際し必要な知識
 2)看取りの実際総合討論
 3)看取りと文化

第2部 15:10-17:00
 ワークショップと発表
 総合討論

■ご予約・お問い合わせ
 事務局 TEL: 078-335-8668

チラシダウンロード(参加申込用紙付き)

氏名、年齢、所属、職業、連絡先電話/fax番号を記し、ファックス(078-335-8669)もしくはメール(kobe@hospice.jp)でお申込みください。


投稿者 : jimukyoku 投稿日時: 2015-08-21 15:39:59 (1212 ヒット)

この度7月26日付の定例理事会をもって、理事長の「谷田憲俊」が退任し理事に就任、副理事長の「蘆野吉和」が理事長に就任いたしました。

また、副理事長に「石口房子」「梁勝則」が就任いたしました。

地域包括ケアシステムの体制作りが進行しつつあるなか、当法人としてその件に密接に関与するために組織体制の充実を図るものであります。

当法人は、活動の強化に向けてより一層の努力をいたす所存でございます。今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

1. 理事長
  蘆野 吉和( 社会医療法人北斗地域包括ケア推進センター長  医師 )

2. 副理事長
  石口 房子 ( 広島県地域包括ケア推進センター主幹  保健師 )
  梁 勝則 ( はやしやまクリニック希望の家理事長 医師 )


投稿者 : jimukyoku 投稿日時: 2015-06-10 17:52:55 (1388 ヒット)

テーマ:地域包括ケアと地域での看取り
■2015年7月26日(日)14:30-17:30
■会場:大阪コロナホテル 200A会議室

■参加費:2000円 募集人数:50名

■参加資格:地域包括ケアに関心を寄せる医療・介護従事者及び市民
■講師:蘆野吉和(北斗病院在宅緩和療養センター長・医師)
    石口房子(広島県地域包括推進センター主幹・保健師、看護師)
    谷田憲俊(加古川市西村医院副院長・訪問診療)

第1部 14:30〜16:10 話題提供(講演)
1)「地域緩和ケア」の視点から
2)地域ケア会議の役割
3)ACP・後見人制度の現状と課題

第2部 16:10〜17:40
ワークショップと発表
■ご予約・お問い合わせ
 事務局 TEL: 078-335-8668

チラシダウンロード(参加申込用紙付き)

氏名、年齢、所属、職業、連絡先電話/fax番号を記し、ファックス(078-335-8669)もしくはメール(kobe@hospice.jp)でお申込みください。


« 1 ... 3 4 5 (6) 7 8 9 ... 16 »
(C) Japan Society of Disaster Nursing