Index
部会
部会 : 山梨大会部会案内
投稿者 : jimukyoku 投稿日時: 2019-11-01 10:04:46 (328 ヒット)

市民部会:12月15日(日)富士急ハイランド&スパ 会議室桜(9:30ー15:30)


テーマ「市民の目線によるACP(アドバンスケアプランニング)を考える」
 日頃から自分の残りの人生をどのように過ごしたいかを考えて、自分の生き方を確立してゆくことと、治療の方針を決めるための作業としてのいわゆるACPには大きなギャップがあります。シンポジウムでは互いの立場を理解しながら、「人生の最終段階」の在り方や、実現の仕方を話し合っていきます。

コミュニティケア部会:12月15日(日)富士吉田市民会館 小ホール(9:30ー12:30)


テーマ「ごちゃまぜ福祉で幸せを創る?思いやりに満ちたコミュニティを目指して」
○講演 古屋 聡(山梨市立牧丘病院院長)
   「多職種や多機関の連携で、本人の幸せを支える」
○実践「ごちゃまぜ福祉で幸せを創る」 
   梁 勝則(はやしやまクリニック院長)
   「認知症特化型サ高住で、重度の認知症の人を支える」
○冨田眞紀子(NPO法人なかの里を紡ぐ会理事長)
   「ホームホスピス里の家から、誰もをささえる『とも暮らし』を大都会に」
○藤岡聡子(ほっちのロッヂ共同代表、PositiveNIPPONプロジェクトメンバー)
   「ケアの文化拠点『ほっちのロッヂ』で、福祉の未来をごきげんにつくる」
○ワークショップ「ごちゃまぜ福祉で幸せを創ろう!未来を切り開く仲間として」
   思いやりに満ちたコミュニティを目指して、できることを話し合いましょう。

スピリチュアルケア部会:12月14日(土)富士急ハイランド&スパ会議室桜(13:00ー15:00)


テーマ「スピリチュアルとスピリチュアルケアの間」
演者
総合司会 大島英子 (エルサ上尾 緩和ケア認定看護師)
趣旨説明 座長 梅津礼司(部会長 カウンセリングルームのほほん 代表) 
発題1.山口龍彦「スピリチュアルケアは、スピリットのケア」(高知厚生病院長)
発題2.宮本直治「がん患者の現場から」(がん患者グループゆずりは代表) 
発題3.田中至道「在宅ケアの立場から」(沼口医院 臨床宗教師)

11月15日(金)まで事前申込受付中です。皆様のご参加お待ちしております。
大会ホームページよりお申込みください。



(C) Japan Society of Disaster Nursing