Index
最新ニュース
投稿者 : jimukyoku 投稿日時: 2020-09-15 10:39:02 (8 ヒット)

With コロナ時代の複合災害における支援のあり方を考える
 −豪雨災害の現場から被害の現状と支援のあり方の変遷について−
企画担当者 日本ホスピス在宅ケア研究会・被災者支援ネットワーク
 座長 石口房子 演者 高橋恵子

キーワード:豪雨災害・被災者支援・バックウオーター現象・受援力・復興への力
はじめに
2018年7月、西日本を襲った豪雨では、広島県、岡山県、愛媛県を中心に大規模な土砂災害や浸水が発生。平成最悪の豪雨災害となった。その前年の2017年の九州北部豪雨でも、40人以上の死者・行方不明者が出ている。気象庁がまとめた「災害をもたらした気象事例」の中から、1960年代以降の豪雨災害をピックアップすると、多くが7月に集中している。停滞する梅雨前線に台風などからの暖湿気流が流入するといったパターンが多い。2000年代に入ってから頻度が高まっているようだ。(1960年以降の主な豪雨災害については、Nippon.comのページ参照)
さらに2020年以降の災害は、新型コロナウイルスとの戦いでもあり、被害があった地域では、不安を助長し、感染症対策で、以前はなかった課題が発生している。今回、2018年以降の地球温暖化に伴う気象状況の変化、2020年以降のwithコロナ時代における複合災害の実際。分散避難の結果、どのような支援活動が求められるのか、特に今年発生した熊本南部を襲った豪雨災害時の支援活動を中心に、豪雨災害の実態と発災時のこれからの人命を守る活動、地域に合わせた被災者支援のあり方、現地の受援力とネットワーク構築について報告した上で、ともに生きていくための意見交換を行いたい。


投稿者 : jimukyoku 投稿日時: 2020-08-27 11:20:00 (66 ヒット)

ボランティア集まれ!
〜ボランティアを始めよう! 深めよう! 発信しよう!〜

在宅ホスピスボランティアの活動が広まってきました。
全国各地で、いろんな人たちが、それぞれの工夫で、ボランティアとして活動を開始しています。患者の見守り、聞き書き、イベント同行、訪問診療・訪問看護に同行、デイホスピス、など、ボランティアの活動の場面は様々です。
昨年は富士の麓に全国からボランティアが集まり、お互いの活動を披露し、交流を深めました。心温まる集まりでしたね。お互いの熱い思いを受け取り、学び合い、その思いと学びを地元に持ち帰り活動を広め、深めていることと思います。
その矢先に、ボランティアが最も大切にしている“よりそう”ことができなくなりました。新型コロナウィルスの感染蔓延です。患者・家族との交流をはじめ、ボランティア同士のつながりの場を持つことが難しくなってきました。今はしかし、相手との距離を保つことが、相手への思いやりです。しかし在宅ホスピスの患者さんたちには、残された時間は少なく、コロナの時代だからこそ、よりそってくれるボランティア=友人が必要です。このような難しい状況の中で、私たちはどのようにボランティア活動を進めていくべきなのでしょうか。
全国各地のボランティアの工夫を集めて、以下の3つのテーマで語り合います。一応発言者(パネリスト)はありますが、できるだけ自由に発言できるようにしたいと考えています。
さあ、みなさん、ボランティアの世界へ。
1)ボランティアを始めよう! 深めよう! 発信しよう!
 これからボランティアを始めようとしている個人、グループの思い。これまでの経験を深めようと考えているみなさん。地域へ、全国へ、世界へ発信しようとしているみなさん。それぞれの思いを語り合おう。
2)世界のボランティア活動から学ぼう
地域、日本とのつながり、そしてアジアや世界とのつながりに目を開こう。学ぶものがたくさんあるのでは。そして、私たちの活動を発信しよう。
3)コロナの時代のボランティア活動を切り拓こう
コロナ時代のボランティアの工夫を、持ち寄り、ボランティアの世界を切り拓こう。


(C) Japan Society of Disaster Nursing